【高配当株投資】利確したくなった時の気持ちの整理

資産運用

高配当株投資は、キャッシュフローを強化するための投資です。

長期投資を前提として、株価が上がっても積極的には売却しません。
 

そう頭では分かっていても、株価が上がるとソワソワしてしまうのが人間です。

株価が上がってソワソワした時は、投資方針などを見直すいい機会になりますので、

落ち着いて投資方針の振り返りをしてみましょう。

スポンサーリンク

高配当株に投資をする理由

「投資」を大きく分けると、

キャピタルゲイン( 値上がり後に売却して得られる利益 )を狙う投資と、

インカムゲイン( 保有するだけで得られる利益 )を狙う投資があります。
 

高配当株投資については、インカムを狙う王道手法です。

仮に、配当利回りを安さの指標と捉えたキャピタル狙いであれば、

自身の投資ルールに従って利確しているため、

この記事の読者も、インカムを狙っているはずです。
 

自身の投資目的が、インカムゲインであること、

キャッシュフローの強化であることは、何度でも再認識しましょう。

利確&再投資の是非

インカム狙いの高配当株投資でも、キャピタルを放棄するわけではありません。

ただし、利確をする機会は、かなり稀であるのが筆者の考えです。

ここでは、利確に心が揺らいでいるとき、考えてほしいことを記載します。

その投資法は、コストに見合うリターンを得られるのか

現在、利確に心が揺らぎ、ソワソワしている場合、

今後も、株価が上がるたびに、ソワソワすると考えられます。
 

今後も、繰り返し同じような対応をするのであれば、

ルールを決めて実行し、そして改善を繰り返さなければなりません。
 

長期投資は、やるかやらないかには大きな差はありますが、

長期投資をやっている人同士には、大きな差は生まれにくいです。
 

もちろん、変なことをしていないことが前提ですが、

「高配当株投資」は、変な投資法ではありません。
 

80点の投資法から100点を目指すにあたり、

60点になるリスクを負いつつ、試行錯誤を繰り返す。
 

そのようなリスクや時間的コストを負えないのであれば、

無理に売買する必要はないと考えられます。

増配を無視していないか

株価が上昇している銘柄は、業績が好調であることが要因となり得ます。

高配当株投資は、株価の上昇よりも、増配を喜ぶべき投資です。

( 以下の記事をご参照ください )

 
増配に伴って、目標までの投資額が減りますので、

増配の期待が持てる状況での利確は、思っている以上にうま味はありません。
 

例えば、株価が1.5倍になって利確した銘柄が、

増配により、配当額が2倍になったのであれば、利確失敗になります。
 

高配当株投資のゴールの指標は、

あくまで「配当金額」であることは忘れないようにしたいですね。

セクターに偏りが生まれないか

株価の上がり方は、以下の3パターンが考えられます。

 ①ごく少数の関連銘柄だけが上がっている
 ②業界ごと上がっている
 ③市場ごと上がっている

このうち、利確があり得るパターンは、①だけです。
 

長期投資では、セクターに偏りがないように、

広く分散させて投資することが、教科書どおりの方法です。
 

②、③のパターンの値上がりの場合、

利確後の投資先が、値上がりしていない業界や、

値上がりしていない特定銘柄になりがちで、偏りが生じます。
 

不格好なポートフォリオにならないために、

どのパターンの値上がりかを意識し、判断するようにしましょう。

おわりに

投資をしていると、株価に目が奪われてしまいますが、

高配当株投資で着目すべきは、配当金額の増減です。
 

高配当株投資家で日々株価を見ている人は、

それが「娯楽」の位置づけになることを理解しましょう。
 

変にソワソワしない分、YouTubeを見ていた方がましかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
株牧場の物語 -1億円の投資を目指して-

コメント

タイトルとURLをコピーしました