【トレード日記】心地よい投資法と復帰後プラ転

トレード日記

2023年6月は、前月比で日経が+7.45%、TOPIXが+7.41%
先月の急上昇への危機感はありつつも、勢いのある相場となった。

それでは早速、私のトレードの振り返りを始めていこう。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

6月のトレード結果

税金の徴収・還付はざっくり振り分けています

ずーっと言っていた「時間軸を伸ばす」に成功!

売買回数は少ないものの、利益は、¥26,789と過去最高益となった!

 

また、復帰後の成績がプラスへと転じる。

2020年に短期売買から撤退し、2023年2月中旬に復帰。

その復帰後の累積利益は、¥14,900となった。

完全に市場の地合いのおかげ。

海外投資家さん、ありがとう!

心地よい投資法

今月は、時間軸を伸ばすことに成功した。

その投資法は、トレンドを順方向に乗るだけ。
そして、トレンドが崩れそうなら撤退。

 

この投資法であれば、1日の値幅で撤退することが少なく、
場中の緊張感は軽減される。

ただ、一番の利点は、銘柄を探す手間が激減することだった。

先月の投資法では、チャートを毎日大量に見るため、
時間がかなり掛かっていた。

 

今月の投資法では、銘柄をコロコロ変えないので、
買い増すか減らすかを考えるだけで良い。

5ヵ月目にしてようやく、心地よい投資法に出会えたのだった。

トレードの振り返り

ラクスの攻防

ラクスは、約¥5,000の微益での撤退となった。

しかし、その後、更に大きな下げがあったので、
撤退できていなかったら結構なマイナスになっていた。

デカめの下落で、「上昇トレンドが崩れるかもしれない」と判断したのが良かった。

TBSへの乗っかり

「押し目買いに押し目なし」を体現するチャートに乗っかった。

大きめの上ヒゲの後、若干下げ傾向だったため、徐々に売却。

しかし、売却後すぐに大きく上昇!

あ~トレンドを信じれんかったか~

 

ただ、これくらい慎重でないと、ラクスで大損してたので、
長い目で見ると、悪くはないと思う。

 

なお、売却後の上昇でトレンドが続きそうだと感じたので、
再度、200株を購入。

7月へと持ち越すことになった。

来月の方針

7月からは、運用額を上げる方針だ。

正直怖い。

しかし、これは通らなければならない道。

「金額を上げて大損する」は世界一良くある話なので、
来月は、特に気を引き締めたい。

 

ちなみに、これまでは、MAX200万程度が上限だったので、
大体、100万~150万を建てていた。

7月からは、MAX400万程度を上限にするので、
大体、200万~300万を建てることが多くなる。

 

投資法は変わらず、トレンドに乗る。

Let’s サーフィン!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

トレード日記
株牧場物語 -高配当株の季節-

コメント