高配当株投資は銘柄分散が重要である

資産運用

高配当株投資において、銘柄を分散させることは重要です。

これは、投資目的を考えても、投資タイミングを考えても、同じです。

今回は、高配当株投資で、銘柄を分散させる重要性について解説します。

その重要性に疑問を抱いている人は、是非参考にしてください。

 

なお、米国の高配当株投資であれば、優秀なETFが存在するため、
気楽に銘柄を分散することが可能です。

一方、日本の高配当株投資の場合は、有力なETFは存在しないため、
自身で個別株へ投資する必要があります。

日本株で高配当株投資を行う場合は、特に、今回の解説が参考になるはずです。

スポンサーリンク

分散投資とは

分散投資とは、投資のリスク(今後どうなるか分からない度合)を抑えるための投資方法です。

逆に、一点集中で投資する場合は、リスクが増します。

 

分散の対象は、銘柄や地域(国)、購入時期などが挙げられます。

このうち、高配当株投資で、特に重要な分散は、銘柄の分散です。

 

地域(国)においては、為替リスクの少ない、自国をベースとすることが多く、
購入時期は、暴落時に大量購入することが理想です。

従って、高配当株投資においては、銘柄の分散が重要となります。

 

▼分散投資について参考になるリンクです。

高配当株投資の目的と分散の重要性

高配当株投資の目的は、キャッシュフローの強化です。

個人のキャッシュフローを強化するということは、生活費を補うことと同義と言えます。

この目的の達成のために適した投資方法が、分散投資となります。

 

将来的に、生活の土台となるようなキャッシュフローというのは、
会社員の「給料」と同じです。

この給料が、来月いくら貰えるのか?そもそも貰えるのか?というリスクを孕むと、
安心して生活することはできません。

 

大幅な増配(=昇給)がなく、面白みに欠けますが、
投資目的を考えると、分散投資が適していると言えるでしょう。

投資タイミングと分散の重要性

高配当株投資の投資タイミングは、株価下落時です。

株価は、常に正しい値であり、それが下落しているということは、
業績不振や将来にマイナス要因があることを示しています。

 

業績が振るわない場合は、減配の可能性もあり得ます。

また、株価大暴落の際は、倒産の可能性すらも考慮されているかもしれません。

つまり、高配当株投資の投資タイミングは、危険度が高いのです。

 

このように、高配当株投資は、投資タイミングがある程度決まっており、
しかもそのタイミングは、危険度が高い状況です。

購入時期の分散はほとんどできないような投資法であるため、
銘柄を分散させることで、最悪(=集中投資で無配転落)を避ける必要があります。

高配当株投資は銘柄を分散しよう

本解説のまとめです。

高配当株投資の目的は、キャッシュフローの強化です。

その目的を考えると、リスクをなるべく抑える必要があります。

しかし、分散する対象として、地域(国)と購入時期は分散させづらい事情があります。

従って、少なくとも銘柄だけは、分散させるようにしましょう。

 

今回の解説が、日本の高配当株投資の際に、参考となれば幸いです。

最後まで、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
株牧場の物語 -1億円の投資を目指して-

コメント

タイトルとURLをコピーしました