「お金の大学」をレビュー!今より一歩自由になれる本

お金の本

あらすじ

妻子持ちサラリーマンの「リーマンくん」は、お金に関して漠然とした不安を抱えて、毎日を一生懸命生きています。

そんなリーマンくんに、お金の知識を授けるのが「両学長」と「ヒトデ先生」です。

彼らは、経済的に自由な状態への「目標」と「道筋」を示してくれます。

お金の不安から解放されるために、いざ明日から何をすべきか?

その答えが、本書には詰まっています。

今より一歩、自由に近づきたい人は、必見の内容となっています。

本書籍の良い点

小金持ちへの道筋がしっかり示されている

筆者の主張の中には、「大金持ちは無理でも、小金持ちなら誰でもなれる」というものがあります。

しっかりとしたお金の知識があれば、誰でも、余裕のある生活が送れます。

本書では、その小金持ちへの道筋がしっかりと示されています!

具体的には、下記の力 ( 知識 ) が身につき、これから何をすべきかが分かる内容となっています。

 ・支出を減らす力 ( 貯める力 )
 ・収入を増やす力 ( 稼ぐ力 )
 ・資産を増やす力 ( 増やす力 )

フルカラー&豊富なイラストで理解しやすい

本書は、フルカラーで作成されており、イラストも豊富なので、とにかく分かりやすいです!

イラストについては、ポップで可愛らしいものなので、大学の教科書のような堅苦しいものではありません。

堅苦しい文章が苦手な方には、大変おすすめできる一冊です!

本書籍の悪い点

謎のキャラクターに困惑する

主要な登場人物3人のうち、2人は人間ではありません。

 ・両学長   →筋肉ムキムキのライオン
 ・ヒトデ先生 →ヒトデ
 ・リーマンくん→人間

SNSのアイコンの姿なので、初見の人は困惑しますね。

終盤が駆け足

本書は、「5つの力が身につく」ことを謳っています。

しかし、前述の下記の力 ( 知識 ) に注力したため、残る2つの力の内容は薄いです。

【重点的に解説されている力】
 ・支出を減らす力 ( 貯める力 )
 ・収入を増やす力 ( 稼ぐ力 )
 ・資産を増やす力 ( 増やす力 )

【解説内容が薄い力】
 ・資産を減らさない力 ( 守る力 )
 ・人生を豊かにすることにお金を使う力 ( 使う力 )

 
【解説内容が薄い力】は、資産形成後に重要となる力のため、今回は割愛という状況です。

【重点的に解説されている力】の内容がしっかりしているため、残る力も解説してほしくなってしまいました。

まとめ

これまで、実際に書籍を読んだ感想を述べてきました。

本書は、経済的に自由な状態となるための、「目標」とそこに至るまでの「具体的な道筋」をしっかり示した素晴らしい内容となっています。

今より一歩、自由に近づきたい人は、是非、手に取ってみてください!

お金の本
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました