【株牧場】キヤノンを売却しました…

株牧場

2020年7月28日、中間配当金を減配する発表がなされました。

これにより、30期以上続いた累進的な配当金の成長が終わったことになります。

この結果を受け、最終的にキヤノンを売却する判断をしました。

今回は、売却までに考えたことのお話です。

すべて私の投資の話です。投資判断は自己責任でお願いします。

広告

購入時の根拠が崩壊してしまった…

キヤノンの配当金は、累進的に成長していたことで知られていました。

下のグラフは、1991年~2019年の配当金推移です。

キヤノンの配当金推移 ( 1991年~2019年 )

一方で、配当性向については、たまに100%を超えるなど危険な水準を記録していました。

自分の投資方針として、ここまで配当性向が高い銘柄は手を出しません。

ですが、キヤノンは30期以上減配をしなかった実績があり、特例的に購入しました。

今回の減配により、この購入時の根拠がなくなったことになります。
 

「30期以上減配がないが、直近で減配しました。

 過去の配当性向は、たまに100%を超える水準です。」

このキヤノンを買いますかと聞かれたら、私は「No」と答えます。
 

「期待したシナリオと違った動きをしたら売却する」

投資のみならず、投機に関しても言われている基本の考えです。

減配額が大きかった…

減配の可能性については、想定していました。

しかし、減配額は想定より大きかったです。
 

今回、中間配当金については、半額になりました。( 80円→40円 )

振り幅だけを考えると、半額になる可能性を有しているのなら、

倍になる可能性も期待したいところです。
 

ですが、キヤノンの現状として、

数年で配当金を大幅upする期待は、私には持てなかったです。
 

「減配の振れ幅が大きく、増配の振れ幅が小さい」

こう考えた点は、手放した要因です。

広告

今生の別れではない

今回、売却を行いましたが、再び実績が積み上がってきたら購入します。
 

また、あくまで、

「過去の配当金実績だけを見て購入したから、こういう判断になった」

という話です。

別の優れている点に気づいたら、購入を検討するかもしれません。
 

いずれにせよ、二度と買わないという縛りはないです。

キヤノンの成長を陰ながら応援しています。

損益

【購入株価】2,244円

【売却株価】1,900円

【株数】100株

【損益】-34,400円

株牧場状況

【 現在の総投資額 】
  3,318,414円 (前回から -224,400円)

【 配当利回り(税引き後) 】
  3.7%

【 配当金月収(税引き後) 】
  10,149円

【 目標までの投資額 】
  96,681,586円

広告

株牧場
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました