初心者必見!ハンドメイド販売の基本的な考え方について

ハンドメイド

ハンドメイド初心者は、右も左も分からないような状況だと思います。

私も、まだまだ初心者の域を出ませんが、考え方に関しては理解してきました。

 

今回は、ハンドメイドを販売する際に、理解しておくべき考え方を解説していきます。

まだまだ、何もわからないような初心者の方に参考になる内容です。

是非、参考にしてみてください!

 

本記事は、ハンドメイド記事を担当している「月下ノ鯨」が執筆しています。
月下ノ鯨の作品一覧

スポンサーリンク

ハンドメイドの価値

ハンドメイド初心者が理解すべきは、ハンドメイドの価値です。

価値を理解していないと、適切な価格設定ができません。

また、自信をもって販売することもできないでしょう。

 

皆さんは、ハンドメイドの価値について、理解していますでしょうか?

ハンドメイドの価値は、大量生産できないものを提供できることです。

 

大量生産できない理由については、

 ・欲しがっている人数が少なく、大量生産すると売れ残る。
  ( 採算が合わない )
 ・複雑なデザインで、そもそも工場機械での作成が難しい。

などでしょうか。
 

上記とは逆の作品、つまり、

「みんなが欲しがっていて、機械でも作成できる作品」は、実際に大量生産され、その辺の店舗で販売されています。

 

私たちが作っているハンドメイド作品は、そうではありませんよね?

大量生産できない「ハンドメイド作品」には、価値があります。

そのことは、まず絶対に理解する必要があります。

価格設定の考え方について

価格設定において、絶対に意識しなければならないのが「人件費です。

実は、私も、最初の作品は人件費まで考えが及んでおらず、低価格で販売していました。

 

価格設定では、低価の店舗と同じ価格にすることは避けるべきです。

それは、低価の店舗で販売されている商品は、大量生産されているからです。

大量生産された商品は、機械化により「人件費」を極限まで削り、安価で提供されています。

 

先程も述べたように、私たちの作品は、「大量生産できない」という価値があります。

従って、人件費は削れず、安価の提供もできません。

これは、とても自然なことです。

 

低価の店舗で販売されている価格を参考に、人件費を削った価格設定にするということは、タダ働きをするのと同じ状況です。

お試しで出品している期間でなければ、必ず避けましょう。

 

人件費の考え方や価格設定については、以下の外部記事でまとめられています。

出品先は、メルカリかminneか

出品先の問題は、私も含めて、皆さん考えたことがあると思います。

普通のフリマアプリ(メルカリ、ラクマ)か、ハンドメイド専用のフリマ(ミンネ、クリーマ)かの選択です。

 

ここで考えて貰いたいことは、普通のフリマアプリ利用者についてです。

普通のフリマアプリ利用者は、安いものを求めています。

値引き交渉が散見されるのも、そのためでしょう。

 

そのため、数百円の作品を出品する場合は、利用者の多い、普通のフリマアプリの方が売れる印象があります。

一方で、ハンドメイド作品の価格は、人件費を考えると平気で数千円になります。

もし、作品が数千円の価格帯になった時はどうでしょうか。

そうなってくると、これまで説明してきた、「ハンドメイドの価値」や「価格設定」について、理解している人でなければ購入には踏み出しません。

そして、その理解者が多いのは、ハンドメイド専用のフリマです。

最終的に、適性な価格でハンドメイド販売をするためにも、専用フリマで出品すべきです。

 

そうは言っても、専用フリマは、ライバルも多く、ハードルも高いです。

なので、まずは、普通のフリマアプリで練習するのもありかもしれませんね。

おわりに

ハンドメイド初心者が理解すべきは、ハンドメイド作品の価値です。

そして、その価値を理解してくれる購入者が多いのは、ハンドメイド専用フリマです。

ハンドメイド専用のフリマは、ライバルが多く、ハードルも高いですが、挑戦していきましょう。

最後までありがとうございました!

 

月下ノ鯨の作品一覧

初心者が挫折しないように、以下の記事を書きました!

是非、ご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハンドメイド
株牧場の物語 -1億円の投資を目指して-

コメント

タイトルとURLをコピーしました