【副業】ハンドメイド販売に関する一考察【1カ月目の疑問】

お金

ハンドメイド販売を始めて、1カ月が経ちました。

ここで、頭の中を整理するために、

これまで学んだことや考えたことについてまとめようと思います。
 

同時期にハンドメイド販売をスタートした同志の方、

一考察として、少しでも参考になれば幸いです。
 

既にハンドメイド販売の経験を積んだ先輩方、

認識の相違があれば、連絡いただけると泣いて喜びます。
 

【注意】この記事は、あくまで「副業・本業」路線の考察です。
余暇に「趣味」として作ったものを販売していて、
儲ける気がない場合は、また違った考察が必要かと思います。

 
それでは、進めてまいります。

ハンドメイドの価値

作品販売の出発点になるのは、価値を理解することです。

価値を理解していないと、適切な価格設定ができませんし、

自信をもって販売することもできません。
 

ハンドメイドの価値は、

大量生産できないものを、求めている人に提供できることです。
 

大量生産できない理由については、
 ・欲しがっている人数が少なく、大量生産すると売れ残る。
  ( 採算が合わない )
 ・複雑なデザインで、そもそも工場機械での作成が難しい。

などでしょうか。
 

これの逆である作品、つまり、

「みんなが欲しがっていて、機械でも作成できる」作品であれば、

大量生産され、その辺の店舗で販売されています。
 

私たちが作っているハンドメイド作品には、価値があります。

そのことは、まず絶対に理解する必要があります。

価格設定の考え方について

ハンドメイド作品の価格設定において、忘れがちながら、

絶対に意識しなければならないのが人件費です。
 

私も、最初の作品などは、人件費まで考えが及んでおらず、

低価格で販売していました。
 

人件費の考え方や価格設定については、以下の外部記事でまとめられています。

 
価格設定において、

店舗で販売されている商品価格と同じにすることは、避けるべきです。
 

それは、店舗で販売されている商品は、大量生産されているためです。

大量生産された商品は、機械化により「人件費」を極限まで削り、

安価で提供されています。
 

先程も述べたように、私たちの作品は、「大量生産できない」という価値があるので、

人件費は削れず、安価の提供もできません。

これは、とても自然なことです。
 

店舗で販売されている価格を参考に、

ハンドメイド作品でも、人件費を削った価格設定にするということは、

タダ働きをするのと、同じ状況になります。

出品先は、メルカリかminne(ミンネ)か

出品先の問題は、私も含めて、皆さん考えたことがあると思います。

普通のフリマアプリ ( メルカリ、ラクマ ) か、

ハンドメイド専用のフリマ ( ミンネ、クリーマ ) かの選択です。

( 自分のサイトという選択は、上級者向けなのでここでは触れません。)
 

前提として、普通のフリマアプリ利用者は、安いものを求めています。

値引き交渉が散見されるのも、そのためでしょう。
 

私の考えとして、数百円の作品を出品する場合は、

利用者の多い、普通のフリマアプリの方が売れます。

一方で、ハンドメイド作品の価格は、人件費を考えると平気で数千円になります。
 

もし、アクセサリーなどが数千円の価格帯になった時、

これまで説明してきた、「ハンドメイドの価値」や「価格設定」について、

理解している人でなければ購入には踏み出さないと考えられます。
 

そして、その理解者が多いのは、ハンドメイド専用のフリマなのでしょう。

最終的に、適性な価格でハンドメイド販売をするためにも、

専用フリマで出品すべきです。
 

その他にも、専用フリマの利点は、

リアルなイベントがあることや、作品のレビューがよく得られることなどがあります。
 

専用フリマは、ライバルが多く、ハードルも高い印象ですが、

普通のフリマアプリで練習しつつも、専用フリマへの挑戦を続けていきたいですね。

おわりに

ハンドメイド作品には価値があります。

そして、その価値を理解してくれる購入者が多いのは、

ハンドメイド専用フリマだと考えられます。
 

ハンドメイド専用のフリマは、

ライバルが多く、ハードルも高い印象ですが、挑戦してみたいと思います。
 

最後までありがとうございました!

お金
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました