【働きたくない人必見】仕事のゴールについて

お金

社会人になると「懲役40年」なんて表現されることがあります。

社会人4年目の私自身も、「本当にこのまま、定年まで働かないといけないの?」と考えながら生活していました。

この記事では、定年まで働くことに絶望している会社員の、励みとなるような内容を提供します。

仕事を辞めたい

朝の目覚まし、通勤、社員間コミュニケーション、顧客の電話対応、納期前の焦燥感、休日最終日の憂鬱、上がらない給料。

仕事の嫌なところを挙げるときりがないです。
 

「仕事の面白さが分かるのには、3年かかる」と言われていますが、3年働いて分かったことは、こんな仕事の嫌な部分ばかりでした。
 

私の中での一番嫌な部分は、「終わりが見えない」ことです。
 

仮に定年まで働いたとして、その後は年金をあてにすることになります。

しかし、年金だけで理想の生活ができる訳もなく、足りない分は働いて稼ぐしかありません。

こうなると、文字通り、死ぬまで働くことになります。
 

そんな、ゴールのないマラソンをしている気分で、仕事へ向かう日々でした。

不労所得の存在

「不労所得」の存在は知っていると思います。働かなくても手に入るお金です。
 

しかしこれは、「お金持ちに与えられるもの」というのが、当時の私の認識でした。

会社を持っているお金持ち、マンションを持っているお金持ち、そういう人にだけ与えられる、自分には縁のないお金と思い込んでいました。
 

今の認識では、不労所得は「資本家なら誰にでも与えられるもの」です。
( 資本家・・・資本を提供し、利益の一部を受け取る人 )
 

資本家は、必ずしもお金持ちではありません。数千円の出資でも、規模は小さくても立派な資本家です。
 

1990年頃からネット証券が普及し始め、今では、自宅のパソコンやスマホから、手軽に株式会社へ投資することができるようになりました。

つまりは、誰でも手軽に資本家になれるようになった誰でも気軽に不労所得を得られるようになったということです。
 

株式会社への投資に伴う不労所得「配当金」については、記事にしていますので、ご参考までに。

仕事のゴール

仕事のゴールは、「働かなくても生きていける」状態です。

不労所得は、おおよそ投資額が多ければ多く得ることができるので、

仕事のゴールは、次のように言うことができます。

生活費 ≦ 不労所得 となるまで、投資する

 
この状態になれば、仕事を辞めることができます。
 
 

このように、不労所得が生活費を上回った段階で、若くして仕事を辞めることを、

Financial Independence, Retire Early」と言い、

略してFIREと呼ばれています。

上記書籍のレビュー

仕事のゴールに必要な金額

仕事のゴールに必要な金額は、年間生活費の25倍が通説になっています。

 ・年間400万円で生活している人は、10,000万円
 ・年間300万円で生活している人は、7,500万円
 ・年間200万円で生活している人は、5,000万円

 
重要な点は、年間生活費を削減すると、その25倍の資産が不要となることです。

例えば、通信費を見直して、年間10万円の削減ができたとします。

この場合は、250万円の資産が不要となりますので、節約の効果は侮れません。
 

もちろん、生活費の全額を不労所得で補う必要はありません。

一部を軽度の労働で賄うことで、必要な資金は激減します。

このように、一部を労働でカバーするリタイア方法は「サイドFIRE」と呼ばれます。

ゴールを目指して、今できること

固定費の見直し

前述の通り、節約の効果は侮れません。

特に、「固定費」については、何回も発生する出費なので、今すぐにでも見直す必要があります。

固定費を削減できた日から、累積で得するので、いかに早く見直しをするかが重要です。
 

私自身も固定費の見直しを行っていますので、ご参考までに。

給料以外の収入を作る

生活費 ≦ 不労所得」を達成するためには、多くの資金が必要です。

給料の収入だけでは、目標額の達成は厳しいので、給料以外の収入源を増やす方が現実的です。

手軽に始められるものだと、「ブログ」や「YouTube」などが挙げられます。

投資を始めてみる

小額の投資でもメリットがあります。

それは、手軽に投資経験を積めることです。

株価の値動きに慣れたり、暴落などの特殊局面を経験することは、今後の投資活動において、必要な経験です。

小額の投資ですと、リスクも小さく経験が積めるのでおすすめです。
 

また、不労所得が手に入り、投資額の積み上げを加速することもできます。

実際に、その環境に身を置かないと熱も入らないので、小額からでも投資を始めてみましょう。

※投資は、資産を減らすリスクがあります。十分理解の上、自己責任でお願いします。

より深く学習する

この記事の内容を、より深く学びたい方には、下記の書籍をおすすめします。

フルカラーでイラストも多く使われており、非常に読みやすいです。

上記書籍のレビュー

おわりに

これまで、仕事のゴールについて述べてきました。

仕事にゴールがあると分かると、少し気が晴れた気がしませんか?

私は、この事実を知った日は、興奮して寝付けませんでした。
 

この記事が、より良い生活のお役に立てたなら幸いです。
 
 

私自身も、FIREを目指して頑張っているところです。

あなたも、一緒にゴールを目指してみましょう!
 

最後まで、ありがとうございました。

お金
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました