固定費削減!全ての固定費を見直した結果

お金

「面倒くさい」と、目を背けていた固定費削減。
引っ越しをする機会があったので、固定費を全てを見直すことにしました。
本記事では、固定費削減の効果をご紹介します。

固定費とは

固定費とは、一定期間ごとに発生する費用のことです。
例えば、家賃や保険料、スマホ代などがこれにあたります。

一度きりの出費とは異なり、毎月(または毎年)の出費になるため、削減しなければいつまでたっても貯金がたまりません。

まさに、バケツの底に穴が開いている状態です。

固定費削減の素晴らしさを、雑に説明した記事も作成していますので、時間がある方はご覧ください。

見直した固定費と節約効果

家賃負担

見直し前:50,000円
見直し後:50,000円

残念ながら、引っ越しに伴う家賃負担の変動はありませんでした。
自分が満足できる水準を求めると、どうしても妥協できませんでしたね。
会社には近くなったので、その点は満足です。

光熱費

見直し前:-円
見直し後:-円

主要な項目ですが、使用量に左右されるので不明としておきます。
見直し内容については、電気とガスを一つの会社にまとめることをしました。

電気やガスの切り替えは、驚くほどに簡単だったので、是非見直してほしいと思います。

火災保険

見直し前:920円( 年間11,000円 )
見直し後:330円( 年間4,000円 )

メールで不動産屋さんに火災保険料を確認すると「22,000円です」と言われましたが、さすがに「2年で」ですよね?2年でも高いので、深掘りはしませんでした。

火災保険は入居者が決められます。
納得できない値段なら「こちらで検討します」と伝えたら大丈夫です。

保険については、「お部屋を借りるときの保険」を選びました。

その他 保険料

見直し前:0円
見直し後:0円

未加入です。

ガス警報器リース

見直し前:370円
見直し後:0円

設置義務がないことがネットに記載されていたので、電話して確かめました。
設置は「推奨」であることが確認できたので、即解約しました。

料理は、IHヒーターを使うので、本当に要らない出費です。

設置していないと開栓手続きができないと言われた記憶がありますが、私の認識違いだったのか、騙されたのか、未だに謎です。

スマートフォン

見直し前:7,000円
見直し後:3,000円 ( 1年間は 0円! )

ここ2か月で、auから、他社回線の楽天モバイル、楽天モバイル(UN-LIMIT) と乗り換えました。

楽天モバイルで全く問題なく過ごしているので、大手3キャリアが、行動力のない人から搾取しているのではないかと疑っています。

auの解約方法についての記事も書いていますので、参考にしてください。

Wi-Fi

見直し前:6,000円
見直し後:2,600円

J:COMからNomad SIMへ変更しました。
解約違約金がなく、費用も2,600円と安いのが魅力的です。

合計

合計削減額:8,360円

「すごい!」と思いますか?
「そんなもんか」と思いますか?

まとめ

合計削減額は、8,360円となりました。
年間で考えると、約10万円の削減効果になります。

これが10年続くと、100万円、
50年続くと、500万円の削減効果となります。
 

たしかに固定費の見直しは、面倒くさいです。

ただ、数日頑張っただけで、これほどの大金が守られることを知って、まだ動かないなんてことはないですよね?
 

せめて、一番影響の大きい「スマートフォン」だけでも見直してください。
それだけで、将来のあなたの生活が楽になりますよ。

お金
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました