「FIRE」と「配当金」について

お金

「FIRE」は自由を達成した生活であり、「配当金」はその生活を得る手段の1つです!
本記事では、「FIRE」と「配当金」について解説します!

***

そもそも「FIRE」は略語なんです。
正式には、「Financial Independence, Retire Early」です!

(長いですね…苦笑)

簡単に訳すと「経済的に独立して、早めに退職する」という意味です。

雇い主に依存しない収入がある状態ですね。素晴らしい!

彼らは資産からの収入によって生活することになりますが、その資産収入の1つが「配当金」です。

「配当金」とは、株式という魔法のカードを購入しておくことで、年に1~2回貰えるお金のことです。
(魔法のカード:だいたい電子管理なので触れもできなければ見ることもない笑)

そんなに難しい話ではなくて、銀行にお金を預けて、利子を貰うことと感覚はほぼほぼ同じです。

ただ、銀行は預けたお金を保証してくれる代わりに、利子はあってないようなもんですよね…笑
(そのくせ手数料はめっちゃ高い…苦笑)

反対に、株式の購入は、購入した分のお金が売却時に保証されていない代わりに、多くの利子(配当金)が得られます。

配当金の目安としては、購入額の4%くらいです。
(実際には、4%くらい貰える株を選んで買っていきます。)

つまりは、購入したら購入した分だけ多くの配当収入が得られるということです。

当ブログの目標金額である1億円分の株式を購入した場合
→4%の400万が配当金として得られる(年間)
→月平均33万の配当収入

どうですか?
働かなくてよくないですか?笑

「経済的に独立して、早めに退職する」とは、ざっくり解説するとこういうことです!

***

いかがだったでしょうか?
ざっくりとした説明ではありましたが、少しでも勉強になったのなら嬉しい限りです!

今後、
「宝くじで1億円当たったらどうするぅ~?」
という非現実的な質問には

「資産運用して配当金で生活できるようにする」
という現実的な回答を返しましょう!

友達が減っても責任は一切負いません!

それではまた!笑

お金
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました