【保有株】タカラレーベン(8897)の配当情報

保有株

タカラレーベン(8897)について、ご紹介します!
配当情報や高配当株投資に関する考察を記載してます!

本記事は、株の購入を促すことは目的としておりません。
投資は自己判断でお願い致します。

会社概要

不動産販売事業を軸に行っている不動産会社です。

景気敏感な投資用の不動産ではなく、実需向けの住宅に注力しています。

2020年3月発表の売上高構成比は、

  →不動産販売事業が、76.9%を占めており、

  →次いで、発電事業 ( 発電施設の開発 ) が、12.5%を占めています。

配当利回り

2020年9月中旬における 予想配当利回りは、「3.53%」です。(株価340円、配当12円)

2020年9月14日の減配発表により、物足りない利回りとなりました。 

以前、下記の点を述べておりましたが、結果として減配です。

 ●配当性向は「25~30%」を掲げているため、2021年は減配リスクが高い。
 ●一方、2020年3月予想時、配当性向「38.4%」を許容したため、配当を維持することもあり得る。

 
なお、減配発表の際、配当性向については「38.3%」を予想しておりました。

減配をしてまで、この配当性向を維持したため、

配当性向「40%未満」というのは、ひとつ参考になる値になりそうです。

【追記】
2021年1月29日に、2円増配 ( 減配幅縮小 ) となりました。
(12円→14円)

業績が、思っていたほどは落ちなかったようです。
配当性向は「37.1%」を予定しています。

配当金推移

【追記】
2021年1月29日に、2円増配 ( 減配幅縮小 ) となりました。
(12円→14円)

2020年までの10年間は、累進的な配当金となっていましたが、2021年予想に関しては、「減配」となっております。

中期経営計画において、配当性向「25~30%」を掲げているため、そこから大きく外れないように減配調整したようです。

株主優待

3月に権利が確定し、6月頃に「おこめ券」がもらえます。

相当金額については、保有株数により異なります。

100株以上  500株未満:おこめ券1枚 ( 1kg分 )
500株以上 1,000株未満 :おこめ券3枚 ( 3kg分 )
1,000株以上     :おこめ券5枚 ( 5kg分 )

※おこめ券1枚は、お米購入時に「440円」として扱われます。

今後の投資方針

追加投資は控える方針ですが、売りはしない方針です。

9月14日の業績予想に関して、「モデルルームへのご来場者数は、新型コロナウイルス感染拡大前の状態に戻りつつある」と前向きな内容もあり、売らずに様子を見ることにしました。

おこめ券まで含めると、利回りはそこそこありますしね!

保有株
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました