【保有株】三菱UFJリース(8593)の配当情報

保有株

三菱UFJリース(8593)について、ご紹介します。
会社概要や高配当株投資に関する考察を記載してます。

本記事は、株の購入を促すことは目的としておりません。
投資は自己判断でお願い致します。

会社概要

三菱UFJリースは、リース事業などを行っている大企業です。

下記、7つのセグメントがあり、各分野で機器のリースや資金調達の支援など、

顧客をサポートする事業を行っています。

①カスタマービジネス
②環境・エネルギー
③ヘルスケア
④不動産
⑤航空
⑥ロジスティクス
⑦インフラ・企業投資

セグメント状況 ( 2021年3月期 第2四半期決算短信 )

各セグメントの前年同期比の利益については、次のとおりです。

①カスタマービジネス・・・1億円増加の97億円
②環境・エネルギー・・・5億円減少の24億円 ( 前年同期計上の売却益の反動 )
③ヘルスケア・・・前年同期比微増の3億円
④不動産・・・15億円増加の145億円
⑤航空・・・95億円減少の32億円 ( エアラインの破綻などのコロナ被害 )
⑥ロジスティクス・・・5億円減少の3億円 ( 鉄道貨車リース事業のコロナ被害 )
⑦インフラ・企業投資・・・1億円増加の0億円

「⑤航空」については、コロナの被害をしっかり受けているようですが、

利益は出せているようです。( 第1四半期決算短信においても黒字です。)

投資考察

配当利回り

2020年12月上旬における 予想配当利回りは、「5.3%」です。
(株価485円、配当25.5円)
 

コロナの急落後から株価は戻らず、高い配当利回りとなっています。

配当金推移

21期連続増配で有名な会社でしたが、2021年3月期も増配予想を発表し、

22期連続の増配予想の銘柄になりました。
 

「株主還元は継続的かつ安定的な配当で行う」という基本方針のため、

自社株買いはほとんど行っていません。

「値上がり」よりは「配当金」が目的の投資に適した会社ですね。

配当性向についても問題のない水準です。

今後の投資方針

21期連続増配の実績があり、高配当株投資に適した会社です。

5万円以下で購入できる手軽さもあり、今後も、買い増ししていく方針です。
 

ただ、2021年3月期の当期純利益予想については、2020年から大きく下げているため、

コロナ耐性はなさそうです。( 707億円→500億円 )

今後のコロナの再拡大には、注意したいと思います。
 

最後までありがとうございました!

保有株
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました