【保有株】三井住友FG(8316)の配当情報

保有株

三井住友FG(8316)について、ご紹介します!
会社概要や高配当株投資に関する考察を記載してます!

広告

本記事は、株の購入を促すことは目的としておりません。
投資は自己判断でお願い致します。

会社概要

銀行、リース、証券、クレジットカードなど扱っている金融系のグループです。
巨大な収益・資産を有しており、メガバンクと呼ばれるグループの1つです。「三井住友銀行(SMBC)」の名前は、みなさんご存じでしょう。

高配当株投資家には嬉しいことに、2020年5月に発表された中期計画 ( 2020 年度からの3年間 ) においては、引き続き「累進配当」とすることが記載されています。

 
累進配当とは、減配しない素晴らしい方針のことです。
下記、三菱商事(8058)も同様に、累進配当を掲げていますよ!
 

投資考察

配当利回り

2020年5月下旬における 予想配当利回りは、「6.7%」です。(株価2840円、配当190円)
かなり高い配当利回りになっています。

一般に、業種「銀行」の株価は、景気に敏感な値動きをします。
(経済危機になると、設備投資などの減少で銀行融資がなくなるため、よく売られます。)
今回も、コロナショックの影響で株価が下落し、ここまで高利回りになりました。

保有していると、含み損まみれになりますが、購入を検討していた人にとっては、絶好の購入機会と言えそうですね!

広告

配当金推移

2010年から累進的な配当となっています。綺麗なグラフですね…

2021年予想については、配当性向が60%を超えていますが、コロナショックを受けても、配当を維持する姿勢は流石です!◎
 

2020年5月発表の中期計画では、配当性向40%を目指すとの記載があります。
配当性向が40%より高い場合は、増配の期待はできませんが、減配しないだけありがたいですね。

今後の投資方針

三菱商事と同じく、配当利回りが高く、減配のリスクも低いため、
高配当株投資においてはとても魅力的な会社ですね。

資金やポートフォリオの分散具合と相談しながら、買い増したいと考えています。

以上!三井住友FGの紹介でした!
 

広告

保有株
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました