【保有株】三菱UFJ FG(8306)の配当情報

保有株

三菱UFJ FG(8306)について、ご紹介します!
会社概要や高配当株投資に関する考察を記載してます!

広告

本記事は、株の購入を促すことは目的としておりません。
投資は自己判断でお願い致します。

会社概要

3大メガバンクのひとつ「三菱UFJ銀行」を傘下に収める金融持株会社です。

企業や個人に対して、下記のような幅広い金融サービスを提供しています。

 ・貸出( 含む住宅ローン )
 ・コンシューマーファイナンス( 消費者金融 )
 ・決済( 含むカード )
 ・資産運用から相続や不動産

また、海外の企業や個人に対しても、金融サービスを提供しています。
 

もうひとつのメガバンク「三井住友銀行(SMBC)」を傘下とする「三井住友FG」については、

下記の記事をご参照ください。

投資考察

配当利回り

2020年9月上旬における 予想配当利回りは、「5.6%」です。(株価444円、配当25円)
かなり高い配当利回りになっています。

一般に、業種「銀行」の株価は、景気に敏感な値動きをします。
(経済危機になると、設備投資などの減少で銀行融資がなくなるため、業績が落ちやすいため)
今回も、コロナショックの影響で株価が下落し、ここまで高利回りになりました。

暴落前から保有していると、含み損まみれになりますが、
購入を検討していた人にとっては、良い購入機会と言えそうですね!
 

なお、業種「銀行」は、株価の値上がりは狙いにくいので、
「配当金狙い」と割り切って購入することをおすすめします。

広告

配当金推移

( 2009年は赤字なので、配当性向は100%超ですが、表示上100%としています。 )

リーマンショックの影響を受けた2009年については、減配していますが、

以降、減配することなく配当金を伸ばし続けています。
 

配当性向については、40%まで引き上げると意気込んできましたが、

コロナの影響で、あっさりと40%を超えてしましました。
 

経済活動が落ち着くまでは、増配は期待できない状況ですが、

配当を維持している点は、評価できますね。

今後の投資方針

コロナの影響下でも配当金を維持しており、

倒産リスクの低い、高利回りの銘柄なので、買い増したい考えです。
 

ただ、最近、金融会社を多く含んだETFを買い進めている最中なので、

業種を分散する意味で、購入は後回しになりそうです。
 

業種が偏りすぎないように、注意して買い進めていきます!

広告

保有株
株牧場へ1億円の投資を目指す物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました